意外と掛かる、新築一戸建て購入の諸費用

写真89a8cdccf570832c6cf81b_m

新築一戸建ての購入には、殆どの人が住宅ローンを利用します。

そして、住宅ローンを借りる際に必要な費用を、ローン借入費用といいます。

物件を購入する際、

その物件自体の価格以外に諸費用が発生します。

建売住宅や注文住宅など、購入する物件によっても変わりますが、おおよその目安として、物件価格の3パーセントから10パーセントくらいを頭に入れておきます。

そして諸費用の内、ローン借入費用が大部分を占めるのです。

諸費用の内訳ですが、まず土地を仲介してもう際の仲介手数料があります。

税金や登記費用だけでも、印紙税や登録免許税、登記手数料や不動産取得税、固定資産税があります。

他にもローンや保険関係の費用として、保証料、団体信用生命保険料、融資手数料や火災保険料、地震保険料もありますし、新築の家が完成して引っ越すときの費用も諸費用に入ります。

新築だからと家具を購入することもあるでしょうし、それも諸費用になるのです。諸費用は原則として、自己資金から払うものですので、頭金に全ての現金を使ってしまうと、困ることになります。

現金で準備できない場合には、ローンに上乗せして借りることも可能ですが、返済の負担はそれだけ大きくなってきます。

ローン借入費用を含む諸費用は、貯蓄で賄うといいでしょう。

新築一戸建てを購入した際の実際の諸費金額 掲載内容は、お客様の許可を頂き同意を得られた項目のみ掲載いたします。(掲載不許可の項目は***印になっております。) 掲載しております諸費用に含まれない物として、火災保険料・お引越代・網戸代・カーテンレール・カーテン代・居室照明器具代などがございます。売主業者によっては網戸などが標準装備でつく場合もあります。 通常の場合、銀行ロー...