住宅ローン3つの金利タイプ

db4431f26a8b0ca3e40fd23c1e853618_s

住宅ローンには大きく分けて3つのタイプがあります。どのタイプを選ぶかによっては返済する総額が大きく変わって来ます。単純に金利の高い安いで選んでしまうと後悔するかもしれません。それぞれの金利タイプの特徴を見てみましょう。

【変動金利型】

住宅ローンの中で1番低い金利を設定しているのが変動金利型です。現在、ほとんどの住宅ローン取扱金融機関で1%以下の低金利で借り入れが可能です。

注意しなければいけないこととして、金利は半年ごとに変更されます。しかし返済金額は5年間は変わりません。金利の変化に応じて毎回の返済金額における利息の割合が変化して行きます。

毎回の返済金額は5年間同じでも、金利が高くなると利息に対する割合が大きく元金に対する割合が小さくなります。5年ごとの返済額の見直し時は、それまでの返済金額の1.25倍までの範囲で変わります。

ですので、借入スタート時よりも金利が非常に高い状況が続くと「未払い利息」が発生する事もあります。変動金利型は、実際に住宅ローンを完済するまで総返済金額は不確定であることを覚えておきましょう。

【固定金利選択型】

「当初固定」とも呼ばれているように、借入当初の一定期間、金利を固定するタイプです。金融機関にもよりますが、2年・3年・5年・10年・15年など様々な期間が選択可能で、選んだ固定期間が長いほど金利が高くなります。

当初選択した固定期間が終了すると変動金利か固定金利を選択するという仕組みです。固定金利というよりも変動金利の一種であると思った方が良いかも知れません。

変動金利型との違いを上げると、変動金利型の場合は金利の見直し変更が半年ごとなのに対し、固定金利選択型の場合は選択した期間に応じて変更されることです。

【固定金利型】

借入から完済までの全期間、金利を固定して返済金額を一定にするタイプです。金利の低い時期に借入をすると有利になる可能性が高いと言われている借入方法です。

返済計画がキッチリと立てられるのが特徴です。現在の低金利の状況下では、変動金利型や固定金利選択型に比べて金利が高く設定されています。

これから先も長い期間に渡り低金利が続けば他の金利タイプと比べて総返済金額が高くなってしまうデメリットも考えられます。

まとめ

どのタイプを選択するのかは非常に悩ましいところではありますが、将来の金利上昇に対するリスクを変動金利型は借入した方が負い、固定金利型は金融機関が負っていると言う考え方も出来るのではないでしょうか。

大きく3つのタイプに分けましたが、他にも金融機関によっては、変動金利と固定金利を半分づつミックスできる借入方法などもありますので、詳しくはお問合せ頂ければと思います。