60歳を超えてから住宅ローンを組んで新築一戸建てを購入する

辞典
住宅ローンの返済方法の一つに、親子リレー返済という方法があります。親子リレー返済は親子が連帯債務者となりますので、ローン返済の負担も少なく、申し込み者が60歳を超えている場合でも住宅ローンが通りやすいというメリットがあり、60歳を超えての新築一戸建ての購入を可能にするのです。

親子で連帯債務者であるからと言って、ローンの返済を同時期にする訳ではなく、最初は親が払って行き、残りを子が引き継いで行くという形式になります。それ故に親と同居する場合や二世帯住宅の場合に特に利用が多いようです。

また、親子リレー返済を契約する際に、親と子の間でそれぞれの負担額を決めることが殆どないために、できる限り親が返済した後で子に引き継がれるというパターンが多いようです。

子にとって利益が多いように見えますが、気をつけなければならない点もあります。

例えば、ローンを組む際には親の収入を元に借り入れを行うため、子の収入に見合った返済計画であるとは限らないということです。更に、万が一ローンの返済が始まってすぐに親に不幸が起こってしまった場合には、二人分のローンの負担が子にかかることや、相続の面でトラブルになることもあるのです。

対策としては、親も団体信用生命保険に入っておくことと、ローン対象の家を相続するのが誰であるかを遺言書等で明確にしておくことです。