長期に渡っての返済計画が立てやすい元利均等返済

df18525d107cefa2eb5379c21adc2cec_m
住宅ローンの返済には毎月の返済金額のうち元金部分を一定にする元金均等返済と、もうひとつ元利均等返済という方法があります。

毎月返済していく住宅ローンの内訳は元金とそれにかかる利息の合計金額ですが、元利均等返済の場合は住宅ローンの返済が始まった当初から完済するまでの間、毎月の返済合計金額を一定にする方法です。

返済額のうち元金と利息の割合が返済期間が進んでいくにつれてかわっていくという仕組みで、返済初期の頃は利息の割合が多く返済期間が経過するとともに元金の占める割合が増えていくというイメージです。

毎月の返済額が一定ということで長期間に渡っての返済計画が立てやすく、比較的年齢が若く収入も多くない時期に住宅ローンの返済をはじめた場合でも当初の負担が少ないということはメリットになります。

その一方で返済初期の頃には合計返済額に対する利息の割合が大きいため元金がなかなか減っていかないというデメリットもあります。

つまり返済期間や金利が同じであるとすれば、元金を一定額返済していく元金均等返済と比較して利息分の負担が大きく最終的な返済総額も多くなってしまいます。

返済額の計算は複雑ですが、各金融機関ではシュミレーションができるところも多く参考にすることができます。