新築一戸建て購入後の住宅ローン控除と確定申告

辞典
確定申告とは1年間に所得のあった人が税金の金額を計算し申告書を提出して申告・納付します。こちらは申告納税といいます。

確定申告には所得間の損益計算や所得控除や税額控除など所得税を計算すると納めすぎていることもあります。

この納めすぎた税金を還付してもらうのが還付申告です。このようなケースは医療費控除や住宅ローン控除があります。

新築一戸建ての購入を考えている人は対象となることが多い住宅ローン控除は、住宅取得後6ヶ月以内に入居するとともに控除を受ける年の12月31日まで住居していないといけないです。

あと家屋の床面積が50平方メートル以上であり、家屋の床面積の半分以上が住宅用であることなど住宅について各種条件があります。

住宅ローンに関しても、住宅購入のための借入金または債務であり、返済期間が10年以上であることなどの条件があります。

住宅ローン控除を行う際1年目は必ず申告をする必要があります。サラリーマンの多くが給料所得者ですので、2年目以降の住宅ローン控除は年末調整で行うことも可能になります。

会社に知られたくないなどの理由がある場合は毎年申告することで還付を受けることができます。

基本的に給料所得者の人が住宅を購入する場合は確定申告をするケースが多いので住宅ローン控除の手続きをします。