支払うお金の性質をよく理解してから賃貸契約を結ぶ

辞典
権利金とは大まかにいうと、土地や家屋などの不動産の賃貸契約締結の際に、物件を借りようとしている人から貸そうとしている人に対して支払われる金銭のことです。よく敷金・礼金という言葉を目にしますが、これはその礼金にあたるものです。

原則として契約書などに明記がない限り、賃貸契約が終了し建物から退却する際、貸主は借主に対して返却する必要がないものとして知られています。

権利金は礼金とほぼ同じ性質の一時金ですが、礼金は個人が一般的な賃貸契約を結ぶ際に支払うお金という意味合いがあるのに対して、権利金は長期的に賃貸契約を結ぶ際に貸主の権利が制限される一方で借主の権利が強くなることを鑑みて、賃貸契約を締結した際にその権利の対価として支払われるお金になります。

また定期的に支払うべき賃料が高すぎると思われる場合に、その定期の賃料を安くして、賃料の一部を契約時に一括して支払うお金にもなります。さらにお店を出店する際、大通りに面しているなど商売上有利な土地である、あるいは住宅地でありながら眺望などがすばらしいなど、他と比べて付加価値が高く立地条件が優れているとき、それを評価して支払われるお金という意味合いで使われます。

いずれにせよ、慣習的なお礼としてのお金という性質が強く、地域によっても差がありますので、賃貸契約を結ぶ際はこのお金の性質をよく理解してから賃貸契約を結ぶようにすると安心です。