新築分譲マンションを購入する際に必要な修繕積立基金

マンション
修繕積立基金とは新築分譲マンションを購入する際に必要な費用であり、マンションの維持管理運営のための工事費の積立原資となるお金になります。

マンションを含む全ての建物は竣工した直後から劣化が始まり、その劣化の進行スピードを極力軽減させながら適切にメンテナンスする必要があります。

そのため新築マンションであっても数年後にはどこか不具合が発生する部分があり、その部分の修繕費用をこの修繕積立基金の費用から拠出して工事を実施していく仕組みとなっています。

マンションには必ず大規模修繕工事という大掛かりな工事を10年周期で計画されているため、大規模マンションの場合は数千万クラスの工事費が必要となりますので、基金のお金と、毎月の徴収分を計画的に貯める必要があるのです。

修繕積立基金は一般的に30万から50万円ほどの金額に設定されており、毎月の修繕積立金もあらかじめ計画的に値上がりするように設定されている場合も珍しくありません。

またマンションによっては、20年後に基金とは別にまとまった修繕積立一時金を徴収するように計画されている場合もあり、住宅ローンの返済以外に、これらの経費を毎月貯蓄しておく必要があります。