元金均等返済で住宅ローンを組む方の割合

400858d13c16e16934fad2c8a27718b3_s

住宅ローンの2つの返済方法

住宅ローンの返済方法には大きく分けて2つの方法があり、そのうちのひとつが元金均等返済です。

住宅ローンを毎月返済していく時、その返済額の内訳は借り入れた住宅ローンの元金部分と利息部分に分けられます。そのうち元金部分を毎月一定にする方法が元金均等返済になります。

利息はその元金の残高に応じた分が上乗せされるため、毎月元金が減っていけばそれに伴って利息分も徐々に減少して行きます。つまり返済期間の経過とともに毎月の返済額も少なくなります。

元利均等返済と元金均等返済

もうひとつの住宅ローン返済方法として元利均等返済という方法がありますが、それと比較すると、返済期間と金利が同じであれば最終的に支払う住宅ローンの総額は少なくて済むというのがメリットです。

一方で返済初期の頃は1か月の返済額が大きくなるため負担が大きいという点がデメリットになります。また現在の状況ではこの元金均等返済が可能な住宅ローンを取り扱っている金融機関もそれほど多くないため、希望しても利用できる機会が少ないということもあります。

さらに当初の返済額が大きいということで、住宅ローンを申し込む時点で収入基準を満たしていない場合に審査が通りにくいということも考えられます。ファインドゼロで新築一戸建てを購入された、ほとんどすべての方が「元利均等返済」を利用しています。