住宅ローンと同時に契約する団体信用生命保険

団体信用生命保険とは住宅ローンと同時に契約する生命保険

のことで、通称「団信」(だんしん)とよばれています。

住宅ローン等で、お金を借りた人が万一亡くなってしまうときに備えて、住宅ローンを借りる人は、団体信用生命保険に加入するのが一般的です。

基本的に住宅ローンの返済途中で死亡したり、高度障害状態になった場合に、金融機関に対して保険金が支払われて、ローン残高がゼロになるというものです。

住宅ローンを借りるのは、一家の稼ぎ手である夫というケースが多いと思います。もしも、団体信用生命保険に加入していない夫が万一死亡してしまった場合、残された家族は住宅ローンを返済していかなければなりません。

民間の金融機関で住宅ローンを組む場合は、

団体信用生命保険への加入が義務付けられています。

生命保険ですので、健康な人しか加入することができません。つまり、持病があって保険に加入できない人は、基本的に住宅ローンを借りることができないという仕組みになっているのです。

とはいえ、そんなケースでもフラット35の場合は、

団体信用生命保険への加入が任意となっています。

団信に入れないことを理由にローン組めない人を救済するというコンセプトがあります。

フラット35利用者向けの団体信用生命保険を機構団信と呼んで、通常の団体信用生命保険とは区別しています。

お問合せフォーム

簡単お問合せフォーム

しつこい営業は一切致しません。お気軽にお問合せ下さい。

必須項目はありません。匿名でのお問い合わせも可能です。

■お名前

■メールアドレス

■電話番号(携帯可)

■住所

■お問合せ内容

プライバシーポリシー(個人情報保護方針)をご確認・同意の上、送信して下さい。

シェアする

フォローする