不動産や建築をもっと知りたい新築一戸建て 仲介手数料無料

不動産や建築をもっと知りたい

改正された住宅性能表示制度、4つのポイント

2013年に改正された新築住宅の省エネ基準に伴って<住宅性能表示>も改正されました。施行されるのは2015年4月1日ですが、ここではどのように改正されたのか、そのポイントを見ていくことにしましょう

続きを読む

在来工法の特徴やメリット・デメリットについて

住宅の建築方法はハウスメーカーによって異なります。したがってメーカー選択の前に工法の違いを知っておく必要があります。ここでは在来工法について書きます。 【木造軸工法の建築方法は?またどんな特徴があるのか】

続きを読む

いま大手ハウスメーカーの勢力図はどうなっているのだろう

テレビを見ていると大手ハウスメーカーのCMがよく流れています。それだけに人々はいろいろなハウスメーカーの名前をよく目にするのではないでしょうか。 こうしたCMを見ている人は、ひょっとすると家を造るのはこうした大手のメーカーばかりなのでは、と思かもしれません。でもそれは違います。 意外なことに、いま大手と呼ばれるハウスメーカーは業界全体の14%弱でしかなく、圧倒的に多いのが中小の工務店なのです。

続きを読む

用途地域で1番面積が広いのは?

割合順位 用途地域名 面積(単位ヘクタール) 面積割合 1 第1種低層住居専用地域 11356.9 19.5% 2 準工業地域 10856.7 18.7% 3 第1種中高層住居専用地域 10428.3 17.9% 4 第1種住居地域 9378.9 16.1% 5 商業地域 6436.6 11.1%...

続きを読む

用途地域と建ぺい率、容積率の関係

別項で用途地域について説明しましたが、実はこの用途地域は<建ぺい率>や<容積率>と切っても切れない関係にあるのです。なぜなら建ぺい率や容積率は用途地域によって決まってくるからなのです。 住宅購入では建ぺい率と容積率の確認が欠かせない

続きを読む

建売の網戸は何枚必要で、いくら位するのか?

網戸を特別価格でご提供します さらに、ファインドゼロで新築一戸建てをご契約された方には、「一戸建て住宅用網戸専門店」の網戸をセット価格から1万円引いた特別価格でご提供致します。 是非、建売の網戸は、売主のオプションとともに選択肢の一つにご検討下さい。 一戸建て網戸価格例 掃出し窓用網戸×4枚(特大サイズ×2枚・大窓サイズ×2枚) 腰窓用網戸×4枚 小窓用網戸×4...

続きを読む

不動産にかかわらず契約は当事者の合意で決まるのが原則

不動産の売買には時に売主や買主それぞれの思惑や他の様々な事情で取引価格が左右されてしまうことがあります。 不動産にかかわらず契約は当事者の合意で決まるのが原則ですが、実際には何か基準や参考となるものが必要となります。

続きを読む

現在の住居を売却先行するか、新しい住居を先に購入するか?

買い替えローンとは、現在の住居を売却し、その売却金を現在組んでいるローンの返済にあて、新たに物件を購入する時に組むローンの事を言います。 買い替えローンのメリット 新しく購入する物件に掛かる費用に加え、現在のローンの返済費用を含めた融資を受けれる事が出来るし、現在のローンの金利より低金利で利用できると言うメリットがあります。

続きを読む

契約がどのような内容なのかをしっかりと確認

建築請負契約や不動産売買の契約については事前に契約を取り決める必要があります。 しかし契約を結んだ相手が契約とは違う事をしてしまった場合には契約不履行となり、違反をした方は違約金を支払わなければなりません。 具体例としては物件を引き渡す期日をきちんと決めていた筈なのに売主の方が引き渡しを拒否するケースがあります。

続きを読む

支払うお金の性質をよく理解してから賃貸契約を結ぶ

権利金とは大まかにいうと、土地や家屋などの不動産の賃貸契約締結の際に、物件を借りようとしている人から貸そうとしている人に対して支払われる金銭のことです。よく敷金・礼金という言葉を目にしますが、これはその礼金にあたるものです。 原則として契約書などに明記がない限り、賃貸契約が終了し建物から退却する際、貸主は借主に対して返却する必要がないものとして知られています。

続きを読む

新築分譲マンションを購入する際に必要な修繕積立基金

修繕積立基金とは新築分譲マンションを購入する際に必要な費用であり、マンションの維持管理運営のための工事費の積立原資となるお金になります。 マンションを含む全ての建物は竣工した直後から劣化が始まり、その劣化の進行スピードを極力軽減させながら適切にメンテナンスする必要があります。

続きを読む

保証金とは、賃貸契約をする際に最初に支払う金銭のことです。

敷金や礼金という言葉が昔は一般的でしたが、 最近では関西を中心に、保証金と呼ぶ地域が増えつつあります。 礼金とは、入居時に大家に支払うお金で、これは返済されることはありません。 その一方で、敷金や保証金は、家賃を滞納した際の補てんしたり、室内の修繕や汚れの掃除などに充てられるものです。

続きを読む

設計士さんの優しさと間取りの表記

間取りの表記方法についてまとめてみました。例えば、3LDKならば最初の数字は居室の数を表していて、LDKはリビングダイニングキッチンの略になりますので、3部屋の居室とリビングダイニングキッチンの間取になります。LDKの部分が、DKの場合はダイニングキッチン、Kの場合はキッチンになります。それぞれの違いに明確な決まりはないのですが、広さが4.5帖以下はK、4.5帖から8帖位までがDK、8帖以上をLDKと表示する事が多いようです。1Kは1つの居室と4.5帖以下のキッチンです。1R(ワンルーム)を0DKとか0LDKと表記しないのはイレギュラーケースですね。それから、1Kも1R(ワンルーム)と表記している場合が多いです。

続きを読む

物件所在地の「地番」と「住居表示」について

住所と地番の違い FindZEROが運営している物件情報サイトの特徴として、お客様に好評な事の1つなのが、新築一戸建て物件の所在地(地番まで)と詳細地図を掲載していることです。他の物件情報サイトや住宅情報誌の多くは、「○丁目」までしか表示していませんよね、、 ですので、お問合せを頂かなくても直接現地の下見に行くことができます。不動産屋の営業マンと一緒よりも、ゆっくりとお客様のペースで物件探しが出来るのではないでしょうか、、

続きを読む

理想の住まいを実現できる。注文住宅の長所と短所

注文住宅とは、建て主が要望を出して設計・施工してもらう、オーダーメイドの住宅のこと。 理想の住まいを実現できる、究極の住まい作りと言えますが、その分手間と費用がどうしてもかさんでしまう傾向があります。 まず、宅地を所有しているかどうかで、手間とコストは大幅に違ってきます。宅地を所有していればその土地に合わせて設計してもらうだけですので簡単ですが、ない場合はまず宅地を探さなければなりません。

続きを読む

急速に普及が進んだ太陽光発電システムについて

太陽光発電は、半導体の仕組みを利用して太陽エネルギーを直接電気に変換するシステムで、音や振動、有害物質などを出さないクリーンな発電システムです。このため、住宅の屋根にも手軽に設置でき、機器の低コスト化や高性能化に加え、国や自治体の補助金制度、固定買取制度なども手伝って、急速に普及が進んでいます。 電気の買い取り価格は年々引き下げられますが、これはシステム価格や性能が年々良くなって行く事を前提に国がバランスを取ったものとされ“早く設置した方が有利”というセールストークに踊らされる必要はありません。

続きを読む

なぜ、高断熱高気密住宅が選ばれるのか?

高断熱高気密住宅とは、文字通り断熱性能と気密性能を高めた住宅のことです。では、逆に断熱性・気密性の低い住宅はあるのかと言うと、実は昔ながらの日本家屋(在来工法)こそが“低気密低断熱住宅”だったのです。 元々日本の住宅は、蒸し暑い夏を過ごしやすくする事に重点を置いて作られてきました。

続きを読む

住宅にとって最大の敵のひとつ「結露」について

結露とは、暖房している窓ガラスがくもったり、水滴が付いたりする現象で、住宅にとっては最大の敵のひとつです。 空気の中に蓄えられる湿気の量は、温度で決まってきます。温度が低くなるほど蓄えられる湿気が少なくなる性質があります。従って、暖かい空気が冷やされると、蓄えられなくなった湿気が水滴になって現れるのです。

続きを読む

古くなった住宅を大規模に改修

リノベーションとは、古くなった住宅を大規模に改修して、もとの住宅よりも高い性能や価値を付けた住宅に生まれ変わらせること。 リフォームが、壊れたり古くなったりした部分を補修して元の状態に近づけることを意味するのに対し、リノベーションは新築時の性能や価値を上回るものに進化させるのが違いです。

続きを読む

バリアフリー・ユニバーサルデザインが住宅のスタンダードになる日

バリアフリー住宅とは、障がい者や高齢者などが暮らして行く上で、バリア(障害)となるものをフリー(排除)にした住宅です。 ただしこれは、決して障がい者や高齢者のための特殊な住宅ではありません。誰しもいつかは高齢者となります。しかし、簡単に建替えたり住み替えたりできないのが住宅です。

続きを読む