お金のこと、住宅ローン・税金・節約などを学ぶ新築一戸建て 仲介手数料無料

お金のこと、住宅ローン・税金・節約など

相続争いはお金持ちがやるものと思っていませんか?

我が家は財産が少ないから相続争いとは無縁。おそらくこう思っている方は少なくないと思います。でも本当にそうでしょうか。 確かに以前ははそうだったかもしれません。でも相続税の基礎控除額が大幅に低くなった今は相続税課税対象者が一気に増えています。あなたもその中に入っているのではありませんか? 相続では親族間で欲と欲のぶつかり合いになり、場合によっては争いに発展することもあります。 ではどのような場合にトラブルがあるのでしょうか。

続きを読む

遺言書には書き方がある・3種類ある遺言書の正しい書き方

正しくて争いのない相続のために必要なのは、なんと言っても故人の遺言書です。では遺言書はどのようにして書いたら良いのでしょうか。ここでは遺言書の種類と書き方を見ていきます。 高齢化社会真っ只中の今、遺言書の書き方を教えてくれるセミナーががある

続きを読む

REITは短期投資、長期投資のどちらを狙うべきか

不動産投資信託(REIT)には短期投資と長期投資の二つの投資タイプがあります。一般的に不動産投資信託は長期投資が良いと思われがちですが、短期投資にもそれなりの魅力があります。 【REITの短期投資とはどのような方法なのか】

続きを読む

窓の省エネ性能は住宅全体の居住性・快適性を大きく左右します

省エネ改修促進税制とは 自身が住む自宅を省エネリフォームする際に使えるローン型減税制度です。 ここでいう「省エネリフォーム」とは、居室の窓を二重サッシにしたり、壁に断熱材を入れたりする工事のことです。 国土交通省が定めた一定の要件を満たした工事に対して、改修後、居住を開始した日から 5年間所得税や固定資産税の税額控除措置が受けられます

続きを読む

年末のローンの残債の1%分について所得税の税額控除

新築一戸建てを建築するために住宅ローンを組もうという人にとって、住宅借入金等特別控除の税制優遇制度は魅力的です。 住宅ローン控除ともいわれるこの制度の概要は、10年以上の返済期間で住宅取得等のためにローンを組んだ場合、10年間毎年、年末のローンの残債の1%分について、所得税の税額控除を認めるというものです。 もし、所得税額が税額控除の額より少ない場合には、控除できなかった分を住民税から控除できるという場合もあります。

続きを読む

1950年に地租・家屋税に代わるものとして設置された制度

住宅を購入すると所有者には毎年固定資産税というものがかかります。 これは土地や家屋、売却資産に対して課税される税金の事です。 これは1950年に地租・家屋税に代わるものとして設置された制度の事です。 固定資産税の税額の決定はその資産の評価基準を元に評価した固定資産価格に税率をかけたものです。 その税率には標準税率が1.4%を超えない範囲とされているので市町村ではそれを基準に決定しています。

続きを読む

不動産取引の際に関係してくる税金

日常生活を送る中で国や都道府県、そして市町村などの公的な機関に何らかのお金を支払ったり納めるということをしています。 そうした国や地方公共団体に対して納める金銭の負担のことを公租公課と呼びます 公租は租税とも呼ばれ国税や地方税などの税金を指し、公課は健康保険料など税金以外の賦課金や罰金などです。 これら公租公課の中で土地や建物などの不動産取引の際に関係してくる税金がいくつかあります。

続きを読む

住宅ローンの債権を買い取って証券化する事業

住宅ローンは民間の多くの金融機関から様々な商品が販売されています。 そんな中で住宅金融支援機構が民間の金融機関と提携し、住宅ローンの債権を買い取って証券化する事業を行っています。 そして証券化された住宅ローンは市場で投資家に販売されることになります。 これが証券化住宅ローンといわれるものです。

続きを読む

物件の価格に対しての頭金の有無やその金額の大小も大きく影響

借入可能額とは、読んで字のごとく、借入が可能な金額ということになりますが、その金額については、借りうける人の年収や職業、負債額、有価証券や預貯金額の状況などによって異なります。 その金額の算定方法や算定基準については、各金融機関独自によるものであるとされていますが、昨今においては、かつての多重債務による自己破産者の増加や回収不能債権の増加による金融機関の経営状況悪化などの影響を受け、無理のない範囲での融資が行われています。

続きを読む

固定資産税は毎年1月1日に存在している固定資産に対して課税されます

固定資産税とは土地や建物などの不動産、さらに事業に使うような製造機械などの償却資産などに対して課される税金です。 税金には国税・都道府県税・市町村税などがありますが、固定資産税は対象となる固定資産が所在している市町村によって課される市町村税です。 課税標準となるのは固定資産課税台帳に登録されている価格となり、3年に1度その価格が見直されます。

続きを読む

不動産を売った時のお金に課せられる所得税の特別控除

土地や建物など不動産の売買には様々な税金が課されます。 その中で不動産などの資産を譲渡して得た譲渡所得に対しては所得税がかかってきます。 しかし税金の制度には様々な控除もあり、その制度を利用すれば負担が少なくて済むというケースがあります。 その中でも個人が住むために所有していたいわゆる居住用の土地や家屋を譲渡した場合には3000万円特別控除があり、譲渡して得た所得額のうち3000万円が控除されます。

続きを読む

住宅ローン借入時の収入合算について

収入合算とは、住宅ローンの審査時に主債務者と連帯債務者(場合によっては連帯保証人)の所得の合計金額を所得とみなし住宅ローンの審査を行う方法です。 金融機関によって所得合算できる連帯債務者の条件は異なりますが、基本的には連帯債務者も一人で住宅ローンを申し込める資格があることや購入の物件に同居する予定であることなどが必要となります。

続きを読む

60歳を超えてから住宅ローンを組んで新築一戸建てを購入する

住宅ローンの返済方法の一つに、親子リレー返済という方法があります。親子リレー返済は親子が連帯債務者となりますので、ローン返済の負担も少なく、申し込み者が60歳を超えている場合でも住宅ローンが通りやすいというメリットがあり、60歳を超えての新築一戸建ての購入を可能にするのです。 親子で連帯債務者であるからと言って、ローンの返済を同時期にする訳ではなく、最初は親が払って行き、残りを子が引き継いで行くという形式になります。それ故に親と同居する場合や二世帯住宅の場合に特に利用が多いようです。

続きを読む

長期に渡っての返済計画が立てやすい元利均等返済

住宅ローンの返済には毎月の返済金額のうち元金部分を一定にする元金均等返済と、もうひとつ元利均等返済という方法があります。 毎月返済していく住宅ローンの内訳は元金とそれにかかる利息の合計金額ですが、元利均等返済の場合は住宅ローンの返済が始まった当初から完済するまでの間、毎月の返済合計金額を一定にする方法です。

続きを読む

新築一戸建て購入後の住宅ローン控除と確定申告

確定申告とは1年間に所得のあった人が税金の金額を計算し申告書を提出して申告・納付します。こちらは申告納税といいます。 確定申告には所得間の損益計算や所得控除や税額控除など所得税を計算すると納めすぎていることもあります。 この納めすぎた税金を還付してもらうのが還付申告です。このようなケースは医療費控除や住宅ローン控除があります。

続きを読む

住宅ローンを組む時に固定金利にするか、変動金利にするかを選択します

ローン期間のすべてを固定金利で申込みをする長期固定ローンを除くと、一般的な住宅ローンのほとんどは固定期間選択型の住宅ローンです 通常住宅ローンを組む時に固定金利にするか、変動金利にするかを選択します。 このどちらで住宅ローンを返済するか選ぶことが出来るのが固定期間選択型ローンです。 特徴としては、住宅ローンの借入期間いつでも好きな時に変動金利から固定金利へ金利体系を変更できるという点です。

続きを読む

お給料から天引きして利息を非課税で頭金を貯める

財形貯蓄について 財形貯蓄とは、労働者の勤務先が金融機関と提携して、給与から一定の金額を天引きすることでお金が溜められる制度です。財形貯蓄には、住宅型と年金型、一般型があり、目的に合わせてお金を貯めることができます。 一般的な預貯金と違い、住宅型と年金型は合算して元利合計が550万円までは非課税になっているので利息はそのまま残ります。

続きを読む

元金均等返済で住宅ローンを組む方の割合

住宅ローンの2つの返済方法 住宅ローンの返済方法には大きく分けて2つの方法があり、そのうちのひとつが元金均等返済です。 住宅ローンを毎月返済していく時、その返済額の内訳は借り入れた住宅ローンの元金部分と利息部分に分けられます。そのうち元金部分を毎月一定にする方法が元金均等返済になります。 利息はその元金の残高に応じた分が上乗せされるため、毎月元金が減っていけばそれに伴って利息分も徐々に減少して行きます。つまり返済期間の経過とともに毎月の返済額も少なくなります。

続きを読む

期間短縮型繰り上げ返済について

住宅ローンを組むと申し込み時に何年間借りるか 毎月いくら返済していくのかといった返済計画も同時に決定されます。 例えば3,000万円の資金を35年間金利1%で借り入れした場合には毎月の返済額は約84,700円となります。 しかしながら、一般的な住宅ローンでは返済の途中でまとまった資金が出来れば借り入れ金額の一部を繰り上げて返済できるとされています。

続きを読む

源泉徴収について

源泉徴収は、所得税の課税方法の一つです。 給与支払者が給与所得や退職所得からあらかじめ税金を天引きしてから納税することです。 まず前年度の給与などからあらかじめ予測される納税額を月々支払っておきます。 そして年末実際の所得と突き合わせて納税額を決定するわけです。 源泉徴収票をみるとその支払額を読み取ることができます。

続きを読む