注文住宅仲介手数料無料の新築一戸建て

注文住宅に関するコンテンツ一覧ページです。

ペットと暮らす注文住宅

世の中にはペット好きな人はたくさんいます。そうした人の中には、ペットと共に伸び伸びと暮らしたいが故に、あえて注文住宅を選択する人もいます。つまりマンションだとペットを禁止しているところが多いし、建売住宅だとペット用のスペースがじゅうぶん取れない、などの理由からなのです。 ペットが快適な生活をエンジョイするにはどんな住宅環境が必要なのか 人が快適に暮らせる家だからと言っても、ペットもそうだと...

注文住宅「二世帯住宅」という選択肢

核家族化が極端に進んだ今、二世帯住宅と聴くと何か昔に回帰するような懐かしさが感じられます。 つまり、おじいちゃん、おばあちゃん、お父さん、お母さん、そして子どもたちが皆一緒に住む大家族を連想するのです。いま注文住宅を考えている方にはこうした二世帯住宅という選択肢もあります。 【二世帯住宅に住むとお金の節約ができる】 核家族化が進んだ今では農村地域でさえ大家族は減少ししています。し...

住宅建築で成功するための法則(その2)

前項に続いて家づくりプランの注意点⑧以降の説明になります。 家づくりプランでしなければならないこと 別項に続いて注意点⑧以降の説明です。 <⑧無料設計はクオリティに問題が> 無料設計を売物にしているハウスメーカーは珍しくありません。しかし無料であることを良いことに、クオリティの低いもので間に合わそうとする傾向が無きにしも非ずです。つまり内容に不備があったりす...

住宅建築で成功するための法則(その1)

注文住宅建築で失敗しないためのは法則を守る必要があります。その法則はたくさんありますが面倒がらずに一つづつクリアしていかなければいけません。ここではまずその(その1)について説明します。 【家づくりプランでしなければならないこと】 多くの人々にとって住宅の購入は人生で最も大きな買物であるに違いません。それだけに失敗は許されないのです。そのためには次のようなポイントに注意してハウスメ...

知っておきたい注文住宅の坪単価の相場と目安

坪単価をストレートに捉えてはいけません。現状の坪単価は非常に紛らわしいものです。注文住宅建築に際しては、まず坪単価の構造をよく知ることから始める必要があります。 坪単価にはからくりがある。これを知っておかないと大損をする 一言で坪単価と言っても、間取りや設備プランによって大きく異なってきます。つまり間取りにフリープランを採用したり、設備仕様を変えたりすることによっていくらでも坪単価を変える...

注文住宅の契約前にチェックしたい7項目

ハウスメーカー営業マンに急かされても契約を急いではいけません。失敗のない契約にするためには、最低限次のチェックポイントをクリアしなければいけません。 住宅の契約前には確認すべきことがたくさんある ハウスメーカーと住宅建築の交渉では相手の営業マンは契約を急かすことが珍しくありません。しかしいくら急かされても人生で滅多にない住宅という高価な買物を急いで行うわけにはいきません。 なぜなら大...

注文住宅の「まもりすまい保険」とは

注文住宅を購入する人にとって最も気になるのは住宅の性能や品質です。これについては以前だと<住宅性能保証制度>があり、これによって10年間は性能が保証されていました。でもこの制度は2008年に廃止になりました。それに代わるものとして推奨されているのが<まもりすまい保険>なのです。 まもりすまい保険は<住宅瑕疵担保履行法>に対応している まもりすまい保険は別名で「住宅瑕疵担保責任保険」とも...

注文住宅のホームインスペクションとは

悲しいことですが、今も昔も家には欠陥住宅という忌まわしいものが存在します。名の知れたハウスメーカーがそんなことをするはずがない、と思ってはいけません。家は人間が作るものですが、その人間はしばしばミスを犯す動物だからです。そうしてミスを見つけてくれるのがホームインスペクターなのです。 家の診断を行うのがホームインスペクターの役割 欠陥住宅はあってはいけないものです。しかしひところ...

注文住宅の見積もりと割引の裏事情について

住宅業界には見積もりや割引に対しての裏事情がたくさん存在しています。したがって事前にそれを知っておくと、営業マンに丸め込まれて損をすることが避けられます。 これを知っておくと見積で損をすることはない 新しく住宅を建てる際はハウスメーカーに発注する前に見積を取るのが一般的です。しかし単に取るだけではなく、内容についてはよく吟味・検討して、もし不明点があればそれを質しておかなければいけません。...

こんな営業マンは絶対に避けないといけない

ハウスメーカーから担当営業マンを指定されても、必ずしもそれに従う必要はありません。なぜなら施主と営業マンの相性が悪いこともあるからです。そんな場合は不満を抱きながら交渉を続けるのではなく、会社側に営業マンの交代を申し出ましょう。 良い住宅を作るためには営業マンとの相性も大切な条件 注文住宅など、新築一戸建て住宅の建築ではハウスメーカーの営業マンとの付合いが欠かせません。その付合...

望ましいハウスメーカー営業マンの見つけ方

ハウスメーカーの営業マンは必ずしもユーザーの味方であるとは限りません。 ではユーザーのためになる営業マンであるかどうかは、どのようにすれば見抜くことができるのでしょうか。 ユーザーにとって望ましい営業マンを見つけるには 別項でも書きましたがハウスメーカーの営業マンには手練手管の腕の優れた人が多くいます。 でも<優れた>というのは会社にとってのもので、必ずしもユーザーにとって優れ...

注文住宅の営業マンが言うことには裏がある?

ハウスメーカーの営業マンは鍛えに鍛えられた凄腕の人が多いものです。したがって交渉が非常に上手ですから、油断すると相手のペースに乗せられて損ばかりすることになります。そうならないためにはどんな対策が必要なのでしょうか。 家の購入では良い営業マンを選択しなければいけない 物が売れにくい今の時代では、どの企業も良い営業マンを求めています。なぜなら営業マンの良し悪しが直接売上に影響するからです...

モデルハウスの嘘を見破るチェック項目

住宅展示場には様々な仕掛けがあります。したがって見たままを信じてはいけません。同種の商品の中で最もグレードの高い仕様で作られているケースが多いからです。ではどんな点に注意を配ると嘘を見破ることができるのでしょうか。 モデルハウスを実物と同じだと思ってはいけない 住宅を購入する人は様々な準備をしますが、その一つにモデルハウスの見学があります。つまり実物を目で見て確かめるためです。この見学...

空家800万件、中古住宅のリノベーションに熱い視線

注文住宅言えば、誰しも新築の家を連想するに違いありません。しかしこのところ中古住宅を購入して、それを好きなように作り変えるリノベーションが次第に増える傾向にあります。ではリノベーションとはどのようなものなのでしょうか。またリフォームとはどんな点が異なるのでしょうか。 リノベーションはリフォームのことではない リノベーションと聴くと、おそらく多くの人が思いつくのはリフォームではな...

在来工法の特徴やメリット・デメリットについて

住宅の建築方法はハウスメーカーによって異なります。したがってメーカー選択の前に工法の違いを知っておく必要があります。ここでは在来工法について書きます。 【木造軸工法の建築方法は?またどんな特徴があるのか】 住宅の工法には、木造住宅では在来工法と呼ばれる「木造軸工法」、それに「ツーバイフォー工法」の二つがあります。では在来型工法である木造軸工法とはどんな建築を言うのでしょうか。 こ...

一般的な注文住宅を建築する際の流れについて

住宅の建築は一連の流れによって進められていきます。建築主としてもこの流れを知っておかなければいけません。そうでないと計画通り進んでいるかどうかをチェックすることができません。流れにしたがって一つずつ進んで行ってこそ理想の我が家を建てることができるのです。 【住宅の建築は一つずつステップを踏んで進められる】 家を建てるということは生涯を通じても滅多にない大きなプランです。それだけに綿...

ローコスト住宅と言えどもメリットはたくさんある

一般的に価格が安いものは品質が良くない、とも考えられがちです。でも家に関して言えば、ローコスト住宅メーカーだからと言って必ずしも敬遠することはありません。このメーカーゆえの魅力的なメリットもたくさんあるからです。ここではローコスト住宅のメリット・デメリットを見てみましょう。 ローコスト住宅が家を安く建てられるのは何故なのか? 世間ではよく<安物買いの銭失い>、などと言いますが、安いから...

ハウスメーカーと工務店は何がどう違うのか

ハウスメーカーはたとえ大手と言えども。工務店などと比べてあらゆる面で優れているわけではありません。例え小さな工務店といえども、それなりのメリットがあるからです。ここでは新築一戸建てについて、ハウスメーカーと工務店を比較してみましょう。 【住宅建築では業者の選択を誤ってはいけない】 家を新築するに際して、まずやらなければならないのは業者の選択です。つまりどこに建築を頼むかを決めるのです。...

大手ハウスメーカーにはこんなメリット・デメリットがある

家を建てるにはまずハウスメーカーを選ばないといけません。この選択に際しては、ともすればテレビのCMなどでおなじみの名の知れた大手の会社ばかりに目が行きがちになります。 でもこうした大手のハウスメーカーとは言え、決してオールマイティではありません。したがってメリットもあればデメリットもあります。この点をよく押さえた上で選択に臨まなければいけません。 【大手ハウスメーカーにはどんな...

いま大手ハウスメーカーの勢力図はどうなっているのだろう

テレビを見ていると大手ハウスメーカーのCMがよく流れています。それだけに人々はいろいろなハウスメーカーの名前をよく目にするのではないでしょうか。 こうしたCMを見ている人は、ひょっとすると家を造るのはこうした大手のメーカーばかりなのでは、と思かもしれません。でもそれは違います。 意外なことに、いま大手と呼ばれるハウスメーカーは業界全体の14%弱でしかなく、圧倒的に多いのが中小の...