住宅ローン仲介手数料無料の新築一戸建て

住宅ローンに関するコンテンツ一覧ページです。

一戸建ての購入目安!年収からみる「住宅ローン」

住宅の購入をためらっている人の多くは、お金のことを気にしていると言っても過言ではありません。どんなにいい物件があったとしても「自分には支払うだけの能力がないから」と、あきらめてしまっている人が実に多いのが現状です。しかし実際には、ごく普通の企業に勤めている人であれば、大抵は購入可能です。その理由は「住宅ローン」があるからですね。

金融機関同士の顧客獲得競争の中で行われるキャンペーン

新築一戸建てを手にいれるための住宅ローン検討をする場合には、いろいろな金融機関や各種ローン商品を比較する必要があります。 ローンを組んだ後の資金負担を考えた場合、 支払うべき利息は少ない方が有利です。 そのため、住宅ローンの比較検討を行う場合は、金利が重要な比較項目の一つになります。 ローン金利の水準は、基準となる市場金利に対して各金融機関が個人向け住宅ローンとしてのプ...

新築一戸建てをローンで買う時って保証人は必要なの?

保証料についてのトピックス 保証料とは保証会社付きの住宅ローンを利用する際に必要となる費用です。 少し前まで住宅ローンの借り入れを行うためには保証人を必要としている金融機関が多くありました。 しかしながら、親族であっても大きな金額の保証人になることを頼むことは簡単ではありません。 そのため住宅ローン借り入れへのハードルを低くするために用いられたのがこの保証会社付きの住宅...

年末のローンの残債の1%分について所得税の税額控除

新築一戸建てを建築するために住宅ローンを組もうという人にとって、 住宅借入金等特別控除の税制優遇制度は魅力的です。 住宅ローン控除ともいわれるこの制度の概要は、10年以上の返済期間で住宅取得等のためにローンを組んだ場合、10年間毎年、年末のローンの残債の1%分について、所得税の税額控除を認めるというものです。 もし、所得税額が税額控除の額より少ない場合には、控除できなかった分...

固定金利型の住宅ローンの特徴

新築一戸建ての新居を手に入れようという場合には、資金が必要です。 その資金は貯金を頭金として充当するのが通常であり、 住宅ローンを利用して残りを賄うことが多いパターンです。 この住宅ローンを借りる場合に、住宅ローンの金利のタイプで固定金利型と変動金利型があることを、最低限理解しておかなければなりません。 それぞれメリットデメリットはありますが、今後金利が上昇する可能性が...

住宅ローンの債権を買い取って証券化する事業

住宅ローンは民間の多くの金融機関から様々な商品が販売されています。 そんな中で住宅金融支援機構が民間の金融機関と提携し、 住宅ローンの債権を買い取って証券化する事業を行っています。 そして証券化された住宅ローンは市場で投資家に販売されることになります。 これが証券化住宅ローンといわれるものです。 その代表として知られているのが「フラット35(買取型)」です。 ...

もっとも自分に合っている形で住宅ローンを組むために

銀行ローンとは、 都市銀行や地方銀行など民間の金融機関の住宅ローンをひとまとめにした表現になります。 同じ住宅ローンといっても、各銀行ごとに様々な特徴が存在しているので、特徴を見極めたうえで利用する住宅ローンを検討することも大切です。 また、同じ銀行ローンで住宅を購入するための費用を融資してもらう場合でも、特徴によって呼び方が異なる場合もあります。 例えば、民間の金融機...

住宅ローン借入時の収入合算について

収入合算とは、 住宅ローンの審査時に主債務者と連帯債務者(場合によっては連帯保証人)の所得の合計金額を所得とみなし住宅ローンの審査を行う方法です。 金融機関によって所得合算できる連帯債務者の条件は異なりますが、基本的には連帯債務者も一人で住宅ローンを申し込める資格があることや購入の物件に同居する予定であることなどが必要となります。 通常住宅ローンの審査では 借入金額が申...

60歳を超えてから住宅ローンを組んで新築一戸建てを購入する

住宅ローンの返済方法の一つに、親子リレー返済という方法があります。親子リレー返済は親子が連帯債務者となりますので、ローン返済の負担も少なく、申し込み者が60歳を超えている場合でも住宅ローンが通りやすいというメリットがあり、60歳を超えての新築一戸建ての購入を可能にするのです。 親子で連帯債務者であるからと言って、ローンの返済を同時期にする訳ではなく、最初は親が払って行き、残りを子が引き継...

長期に渡っての返済計画が立てやすい元利均等返済

住宅ローンの返済には毎月の返済金額のうち元金部分を一定にする元金均等返済と、もうひとつ元利均等返済という方法があります。 毎月返済していく住宅ローンの内訳は元金とそれにかかる利息の合計金額ですが、元利均等返済の場合は住宅ローンの返済が始まった当初から完済するまでの間、毎月の返済合計金額を一定にする方法です。 返済額のうち元金と利息の割合が返済期間が進んでいくにつれてかわっていくとい...

新築一戸建て購入後の住宅ローン控除と確定申告

確定申告とは1年間に所得のあった人が税金の金額を計算し申告書を提出して申告・納付します。こちらは申告納税といいます。 確定申告には所得間の損益計算や所得控除や税額控除など所得税を計算すると納めすぎていることもあります。 この納めすぎた税金を還付してもらうのが還付申告です。このようなケースは医療費控除や住宅ローン控除があります。 新築一戸建ての購入を考えている人は対象となること...

住宅ローンを組む時に固定金利にするか、変動金利にするかを選択します

ローン期間のすべてを固定金利で申込みをする長期固定ローンを除くと、 一般的な住宅ローンのほとんどは固定期間選択型の住宅ローンです 通常住宅ローンを組む時に固定金利にするか、変動金利にするかを選択します。 このどちらで住宅ローンを返済するか選ぶことが出来るのが固定期間選択型ローンです。 特徴としては、住宅ローンの借入期間いつでも好きな時に変動金利から固定金利へ金利体系を変...

元金均等返済で住宅ローンを組む方の割合

住宅ローンの2つの返済方法 住宅ローンの返済方法には大きく分けて2つの方法があり、そのうちのひとつが元金均等返済です。 住宅ローンを毎月返済していく時、その返済額の内訳は借り入れた住宅ローンの元金部分と利息部分に分けられます。そのうち元金部分を毎月一定にする方法が元金均等返済になります。 利息はその元金の残高に応じた分が上乗せされるため、毎月元金が減っていけばそれに伴って利息...

期間短縮型繰り上げ返済について

住宅ローンを組むと申し込み時に何年間借りるか 毎月いくら返済していくのかといった返済計画も同時に決定されます。 例えば3,000万円の資金を35年間金利1%で借り入れした場合には毎月の返済額は約84,700円となります。 しかしながら、一般的な住宅ローンでは返済の途中でまとまった資金が出来れば借り入れ金額の一部を繰り上げて返済できるとされています。 このことを一部繰り上...

支払いに関して最も重要になってくるのは元金と利息です

一戸建ての住宅の購入を検討されている方は、 支払いの事は詳しく理解しておくべきです。 一戸建て購入の場合住宅ローンを組むことが多く、その際には必ず利息が発生するので、その仕組みを理解しておかないと予想よりもかなり多くの金額を支払う事になります。 支払いに関して最も重要になってくるのは元金と利息です。 最終的に支払う金額には、定価に分割払いの際の利息を加えた額になりますが...

返済した元金分に対応している利息を軽減できる効果があります

新築一戸建ての購入と同時に住宅ローンを組む場合が多いケースですが、この住宅ローンは金融機関が貸してくれるという分をまるまる借りる必要はありません。 自分の返済能力に合わせてローンの金額決めることが大事です。 無理をして返済できる金額ぎりぎりで借りてしまうと将来不測の事態が生じた時に対処ができなくなってしまいます。 仮に、将来返済中に手元資金の余裕が出てきたら、 その時点...

融資に適用される金利が前年の所得によって変化する

所得選別とは、住宅や土地の購入、 新築などに関わる資金への融資を申し込む際、融資に適用される金利が、前年の所得によって変化することを意味します。 具体的な例で見てみると、旧住宅金融公庫での融資を受けた場合、1カ所からの給与のみで所得が1442万1053円を越える方、給与以外の所得がある場合はすべての所得の合算で1200万円を超える方は、 高額所得者として区別されます。 ...

借り入れたお金に対する金利が基準金利とは限りません

銀行などの金融機関は、 預金金利、あるいは、貸出金利を公表しています。 この金利のことを基準金利と呼んでいます。 ただし、20年ほど前に金利の自由化が行われたため、この金利は、金融機関によって異なっているのが一般的です。 ところで、金融機関と住宅ローンを組む時には、 借り入れたお金に対する金利が基準金利とは限りません。 その理由として、今の住宅ローンは、金融...

一般財形貯蓄・財形年金貯蓄・財形住宅貯蓄のいずれかを1年以上で利用できる融資

住宅の新築や購入・リフォーム等に、利用できる公的住宅融資に 「財形住宅融資」というものがあります。 財形住宅融資とは、貯蓄残高が50万円以上ある方が、「一般財形貯蓄・財形年金貯蓄・財形住宅貯蓄」のいずれかを、1年以上行った方が利用できる融資制度です。 この「一般財形貯蓄」とは、サラリーマンを対象に設けられた貯蓄です。 そして次に「財形年金貯蓄」とは、老後の資金つくりを目...

旧住宅金融公庫が行っていた融資

現在はその融資業務内容は住宅支援機構というところに引き継がれていますが、かつて 住宅金融公庫というところが住宅ローンの融資業務 を行っていました。 この旧住宅金融公庫が行っていた融資には二種類あり、敷地面積などによって決まってくる部分に対応する基本融資と、債券加算と呼ばれる割り増し部分に対応する融資がありました。 この割り増し融資を受けられるのは、つみたてくんと呼ばれて...