相続・相続税仲介手数料無料の新築一戸建て

相続・相続税に関するコンテンツ一覧ページです。

知っておきたい相続の順序

相続は親族のうちで法定相続人と定められた人たちによって行われます。とはいえ法定相続人の皆が同等に相続するのではありません。相続人には順序があります。この順序が高い人ほど相続額は多くなります。 相続は民法で定められた通りに行わなければいけない 民法では相続人や相続の順位が定められています。したがってその定めどおりに相続を行わなければいけません。 相続では財産を残した人を被相続人、その財...

地価の高い地域に家を持っている人は相続税に注意

たとえ古い自宅だとはいえ、高級住宅地などにある場合には相続財産としても、その価値は大きいのではないでしょうか。したがってそうした場所に自宅を所有している人は相場をはっきり掴んでおくと同時に相続対策が怠れません。 地価の高い郊外に夫婦だけで住んでいる場合は相続税に注意 古い我が家だとは言え、それが郊外の高級住宅地の場合だと、地価が高いため評価額は低くはないでしょう。したがって3000万~50...

相続争いはお金持ちがやるものと思っていませんか?

我が家は財産が少ないから相続争いとは無縁。おそらくこう思っている方は少なくないと思います。でも本当にそうでしょうか。 確かに以前ははそうだったかもしれません。でも相続税の基礎控除額が大幅に低くなった今は相続税課税対象者が一気に増えています。あなたもその中に入っているのではありませんか? 相続では親族間で欲と欲のぶつかり合いになり、場合によっては争いに発展することもあります。 ...

加算税にご注意を。相続にはいろいろな手続きがある

≪相続手続きに関するタイムスケジュール≫ 7日以内市区町村へ役場に死亡届を提出3ヶ月以内家庭裁判所に相続放棄や限定放棄の届出4ヶ月以内被相続人の所得税の申告10ヶ月以内相続税の申告と納付相続が発生するといろいろな手続きがあります。しかも10ヶ月という期間内に行なわないと課税などでペナルティが課せられます。そんなことのないように、すべての手続きを期限内に済ませないといけません。 相続...

遺言書には書き方がある・3種類ある遺言書の正しい書き方

正しくて争いのない相続のために必要なのは、なんと言っても故人の遺言書です。では遺言書はどのようにして書いたら良いのでしょうか。ここでは遺言書の種類と書き方を見ていきます。 高齢化社会真っ只中の今、遺言書の書き方を教えてくれるセミナーががある 高齢者が全人口の4分の1の3000万人も達した今では、それをターゲットにしたいろいろなセミナーが開催されています。 その中で最も多いのが相続税対...

相続税の節税対策はどうする?相続税対策に熱い視線

2015年1月1日より新しい相続税法が施行されました。これにより基礎控除額が低下したことによって相続税課税対象者が大幅に増えました。また税率がアップにより富裕層には増税が避けられません。これに対抗するために、いま相続税の節税対策に熱い視線が向けられています。 【両親からの資金援助で家を建てれば相続税節税になる】 相続税の節税対策で有効なのは生前贈与だと言われています。生前贈与とは被相続人が...

贈与税率の低下が節税に貢献してくれる

相続税制が改正された影響で課税対象者が一気に増えましたが、同時に贈与税も改正されたため、相続税節税対策の選択肢が増えました。ここでは今回改正された贈与税の重要ポイントについて考えてみましょう。 【相続税を考える前に贈与税について知っておきたい】 相続税と贈与税は切っても切れない関係にあります。なぜなら贈与税が設けられたのは相続税の課税逃れを防ぐことが目的だからです。 税率が相続税...

相続税の節税に最も効果的な方法とは?

2015年の税制改正では相続税だけでなく贈与税も改正されました。この改正により生前贈与による節税が有利になりました。ここでは相続税節税に効果的な生前贈与について詳しく見ていきましょう。 【生前贈与で財産を移転すると節税につながる】 生前贈与を行うと親から子・孫などに財産を移転できるだけでなく相続税の節税にも繋がります。なぜなら相続する財産を減らすことにより相続税が少なくなるからです。 ...

二世帯住宅の相続がさらに有利になった

自宅など不動産の相続でも節税の可能性が高くなった 高齢者社会真っ只中のわが国ですが、実は今の高齢者のうち80%以上の人が自宅という不動産を持っています。今回の贈与税改正により、この不動産の相続でも節税できる可能性が高くなりました。 【小規模宅地等の特例の改正により、相続税節税のチャンスが広がった】 従来は居住用の自宅、事業用の商店、あるいは貸しアパートなどに使用していた土地が高く評価され...

相続税対策はまず資産の把握から始めよう

相続税とは故人の遺産に対してかかる税金です。したがってまず大切なのは遺産の把握です。これが分からないことには相続税の対策は立てられません。遺産の把握は、被相続人の存命中にできるだけ早く行わなければいけません。でないと遺言書などの準備ができないからです。 【相続税を心配する前に、まず資産を確認しよう】 今わが国ではがぜん相続税が注目されるようになりました。なぜなら相続税制が改革され、従来は対...

今、必要性がさらにUP!マイホームを買ったら大事な相続税情報

相続税の支払いと聞いても、ピンとこない方も少なくないでしょう。もともと遺産相続の機会なんて、長い人生の間でほんの僅かしかやってこないもの。それに、ある程度の規模の遺産でもない限り、税金を要求されないこともまた事実。とはいえ今年(平成27年)は、すでに相続に関する税制が改正・施行 されています。

土地の所有者になったら知っておきたい、相続税の必須知識

土地と建物両方の持ち主になったら、晴れてひと財産築いたことになります。そうなるといずれは相続税の手続きが発生しますね。財産の中に土地がある場合、相続税の手続きは慎重に進めざるを得ないものです。土地は価格がとても高いものですし、その金額を正確に見極めることに失敗すると納税の際に大損をすることになりかねません。

相続のトラブルを避けるには

争いは他人と行うもの、と思っていてはいけません。世の中には<骨肉の争い>と呼ばれるものもあるからです。骨肉の争いとは、身内である肉親同士による争いです。つまり親と子あるいは兄弟同士が、「このやろう!」などと、すさまじい形相で罵り合いながら激しい争いを繰り広げるのです。実はこうした争いの原因で多いのが遺産相続なのです。

相続税対策の押さえておきたいポイント

このところ人々の間で相続税対策についての関心が非常に高まってきています。それは相続税制が大きく改正され、相続税の対象になる人がこれまでより大幅に増えたからではないでしょうか。つまり、ついこの前までは相続税に無縁だった人たちも、基礎控除額が低くなったことで納税対象者に組み込まれてしまうからです。

相続税の申告と納税はこうやって行う

これまでは相続税にまったく関わりがなかった人でも、2015年以降はそうではなくなります。なぜなら相続税の基礎控除額が大幅に引き下げられたため課税対象額がうんと低くなるからです。そのため従来に比べ課税対象者は一気に増えると予想されています。

相続税の計算は難しくない

遺産にかかる相続税は全財産のうちの正味の財産に対してだけになります。したがって全財産から借入金や未払い金、それに葬儀費用を差し引いた金額になります。 ただし相続税には基礎控除額がありますから、それを超えた分だけが課税対象になり基礎控除額以内だと相続税はかかりません。なお相続税の計算は難しくはなく、上の即算表などを参考にすれば誰にでもできます。

知ればナットク!相続税の仕組みとその対策

「両親はどちらも元気だし、相続税なんて自分には関係ないや」。あなたはそのように考えていませんか。実際、相続税に関する知識がないことで、親兄弟の間でいがみ合いが起こることは多々あります。それも、特殊な家庭ではなく、ごくごく一般的な家族において。場合によっては、法廷闘争にまで発展する事例もあるほどです。それでもあなたは、本当に相続税なんて自分には関係ないと言えるのでしょうか。

いま相続税対策セミナーが大盛況

最近、新聞や雑誌、あるいはインターネットのウェブサイトなどで、<相続税対策セミナーを開催>に関する広告のキャッチコピーをよく目にします。こうしたセミナーの主催者は都市銀行や信託銀行、あるいはNPO法人などが多いようです。 でも、なぜいま相続税のセミナーが多いのでしょうか?

相続税は今や他人事ではない

相続税は今年(2015年)に大きく改正されました。この改正により基礎控除額が大幅引き下げられたため相続税の対象者が大幅に増加しました。例えば法廷相続人が3人の場合だと、従来は8000万円まで非課税であったものが、一挙に4800万円までに下がったからです。 したがって、今では相続額が4800万円を超えると相続税が課税されるのです。

「相続」と「相続税」って何?

相続とは遺産や財産を人から受け継ぐことです。現在のルールでは基本的に亡くなった人の親族が権利と義務を受け継ぐことになります。 そして相続税とは、相続が発生したときに、その財産の価額をもとに科される税金です。簡単に言えば、相続する財産の価額が高い人ほど、たくさんの相続税を支払うことになります。