不動産仲介手数料無料の新築一戸建て

不動産に関連する、キーワードやトピックスのコンテンツ一覧ページです。

柱を突っ張りテレビを壁掛け!壁に穴をあけないから賃貸にも!テレビ壁掛け金具・LABRICO・2x4材セット WOODY

柱を突っ張り棒の代わりにして、テレビを壁掛けしたり、棚を作ったり。女性でも簡単にDIYできます! さて問題です。お部屋の中で一番中心になる場所はどこでしょうか? 正解は「テレビ」。テレビを中心に家具の置き場所、ベットの置き場所を検討したりしますよね。 そしてテレビを置くにはどうしてもテレビボード等が場所を取りがち。弊社はこの圧迫される空間をもっと簡単にスッキリできる手段はないかな...

片付けないのに片付く、放りこんで置いておくだけのカゴ収納に強い味方、生活防水に優れた、天然素材と見間違えるPPストローバスケットの登場!!

水周りだけじゃなく、冷蔵庫の中の仕分けカゴとしても使えちゃいます! グリーンをひきたてるカバーとして使っても、安心してシュッシュッと水遣りOK! 使っている本人もPP素材だということを忘れそうなぐらいのナチュラルさ! 中身がわかりにくい場所に収納するときも、取手についているリボンに中身の内容を書いておけば、目的のカゴにさっと手が伸ばせます。

待機児童解消に取り組む事業者を支援 P2P型の不動産クラウドファンディング「Crowd Realty」

渋谷区上原でシェア型保育所用地取得のファンドを募集開始 P2P型の不動産クラウドファンディング「Crowd Realty」が待機児童解消に取り組む事業者を支援 保育所の運営法人について 保育所の施設運営を担う学校法人 正和学園は1939年に創業し、現在では関連社会福祉法人と共に、首都圏で複数の幼稚園・保育園の運営実績があります。保育方針として、多様な価値観に接し、自分の考...

CBREが日本の投資市場動向(2017年第2四半期)を発表

2017年Q2投資額は4,470億円、対前年同期比25%減少 海外投資家による大型取引が上位を占める 売買市場の解説詳細は、8月16日発刊の「ジャパンインベストメントマーケットビュー Q2 2017」でご覧いただけます。 この記事は、上記企業のプレスリリースです。内容等に関するご質問は、配信者にお問い合わせください。

初めてでも3分でできる!新築一戸建ての予算決めから、ご契約までの流れ

新築一戸建ての購入予算を決める まずは、購入する物件の目安となるご予算を把握することから始めましょう。 物件探しをするうえで、一番重要と言っても良いのが「予算」です。 だからと言って、ご自分で予算をどのように決めたらよいかわからない方もいるのではないでしょうか? そのような方にも、簡単に目安となる予算を計算できるフォームを作りましたのでお試し下さい。 とりあえず決めて頂きたいのが、 自己資金 ご希望の返済金額 の2つです。

新築一戸建てを購入した時の実際の諸費用を公開

ファインドゼロで新築一戸建てを購入された方で、平成27年9月から平成28年1月までに決済(お引渡し)された方の実際の諸費用を公開致します。掲載内容は、お客様の許可を頂き同意を得られた項目のみ掲載いたします。(掲載不許可の項目は***印になっております。)実際の金額をありのまま公開しました!

選択肢が増えてきた不動産投資のメリット

一言で不動産投資と言ってもその種類は多岐に及んでいて種類も多くなっています。そうした中で最近ではREITなど新しいタイプの投資が人気を呼んでいるようです。 不動産投資を大きく分けると2種類になる まず具体的な不動産投資の種類を見ていきましょう。数ある不動産投資ですが大きく分けると次の2種類になります。 <現物不動産投資> この投資は現物という名の通り、マンションやアパートな...

ペットと暮らす注文住宅

世の中にはペット好きな人はたくさんいます。そうした人の中には、ペットと共に伸び伸びと暮らしたいが故に、あえて注文住宅を選択する人もいます。つまりマンションだとペットを禁止しているところが多いし、建売住宅だとペット用のスペースがじゅうぶん取れない、などの理由からなのです。 ペットが快適な生活をエンジョイするにはどんな住宅環境が必要なのか 人が快適に暮らせる家だからと言っても、ペットもそうだと...

注文住宅「二世帯住宅」という選択肢

核家族化が極端に進んだ今、二世帯住宅と聴くと何か昔に回帰するような懐かしさが感じられます。 つまり、おじいちゃん、おばあちゃん、お父さん、お母さん、そして子どもたちが皆一緒に住む大家族を連想するのです。いま注文住宅を考えている方にはこうした二世帯住宅という選択肢もあります。 【二世帯住宅に住むとお金の節約ができる】 核家族化が進んだ今では農村地域でさえ大家族は減少ししています。し...

知っておきたい相続の順序

相続は親族のうちで法定相続人と定められた人たちによって行われます。とはいえ法定相続人の皆が同等に相続するのではありません。相続人には順序があります。この順序が高い人ほど相続額は多くなります。 相続は民法で定められた通りに行わなければいけない 民法では相続人や相続の順位が定められています。したがってその定めどおりに相続を行わなければいけません。 相続では財産を残した人を被相続人、その財...

住宅建築で成功するための法則(その2)

前項に続いて家づくりプランの注意点⑧以降の説明になります。 家づくりプランでしなければならないこと 別項に続いて注意点⑧以降の説明です。 <⑧無料設計はクオリティに問題が> 無料設計を売物にしているハウスメーカーは珍しくありません。しかし無料であることを良いことに、クオリティの低いもので間に合わそうとする傾向が無きにしも非ずです。つまり内容に不備があったりす...

住宅建築で成功するための法則(その1)

注文住宅建築で失敗しないためのは法則を守る必要があります。その法則はたくさんありますが面倒がらずに一つづつクリアしていかなければいけません。ここではまずその(その1)について説明します。 【家づくりプランでしなければならないこと】 多くの人々にとって住宅の購入は人生で最も大きな買物であるに違いません。それだけに失敗は許されないのです。そのためには次のようなポイントに注意してハウスメ...

地価の高い地域に家を持っている人は相続税に注意

たとえ古い自宅だとはいえ、高級住宅地などにある場合には相続財産としても、その価値は大きいのではないでしょうか。したがってそうした場所に自宅を所有している人は相場をはっきり掴んでおくと同時に相続対策が怠れません。 地価の高い郊外に夫婦だけで住んでいる場合は相続税に注意 古い我が家だとは言え、それが郊外の高級住宅地の場合だと、地価が高いため評価額は低くはないでしょう。したがって3000万~50...

知っておきたい注文住宅の坪単価の相場と目安

坪単価をストレートに捉えてはいけません。現状の坪単価は非常に紛らわしいものです。注文住宅建築に際しては、まず坪単価の構造をよく知ることから始める必要があります。 坪単価にはからくりがある。これを知っておかないと大損をする 一言で坪単価と言っても、間取りや設備プランによって大きく異なってきます。つまり間取りにフリープランを採用したり、設備仕様を変えたりすることによっていくらでも坪単価を変える...

注文住宅の契約前にチェックしたい7項目

ハウスメーカー営業マンに急かされても契約を急いではいけません。失敗のない契約にするためには、最低限次のチェックポイントをクリアしなければいけません。 住宅の契約前には確認すべきことがたくさんある ハウスメーカーと住宅建築の交渉では相手の営業マンは契約を急かすことが珍しくありません。しかしいくら急かされても人生で滅多にない住宅という高価な買物を急いで行うわけにはいきません。 なぜなら大...

注文住宅の「まもりすまい保険」とは

注文住宅を購入する人にとって最も気になるのは住宅の性能や品質です。これについては以前だと<住宅性能保証制度>があり、これによって10年間は性能が保証されていました。でもこの制度は2008年に廃止になりました。それに代わるものとして推奨されているのが<まもりすまい保険>なのです。 まもりすまい保険は<住宅瑕疵担保履行法>に対応している まもりすまい保険は別名で「住宅瑕疵担保責任保険」とも...

注文住宅のホームインスペクションとは

悲しいことですが、今も昔も家には欠陥住宅という忌まわしいものが存在します。名の知れたハウスメーカーがそんなことをするはずがない、と思ってはいけません。家は人間が作るものですが、その人間はしばしばミスを犯す動物だからです。そうしてミスを見つけてくれるのがホームインスペクターなのです。 家の診断を行うのがホームインスペクターの役割 欠陥住宅はあってはいけないものです。しかしひところ...

相続争いはお金持ちがやるものと思っていませんか?

我が家は財産が少ないから相続争いとは無縁。おそらくこう思っている方は少なくないと思います。でも本当にそうでしょうか。 確かに以前ははそうだったかもしれません。でも相続税の基礎控除額が大幅に低くなった今は相続税課税対象者が一気に増えています。あなたもその中に入っているのではありませんか? 相続では親族間で欲と欲のぶつかり合いになり、場合によっては争いに発展することもあります。 ...

注文住宅の見積もりと割引の裏事情について

住宅業界には見積もりや割引に対しての裏事情がたくさん存在しています。したがって事前にそれを知っておくと、営業マンに丸め込まれて損をすることが避けられます。 これを知っておくと見積で損をすることはない 新しく住宅を建てる際はハウスメーカーに発注する前に見積を取るのが一般的です。しかし単に取るだけではなく、内容についてはよく吟味・検討して、もし不明点があればそれを質しておかなければいけません。...